あたらしいハングル攻略本!

イラストでわかる はじめてのハングル

イラストでわかる はじめてのハングル

著者名
八田靖史(著者)
hime(著者)
ぺージ数
144
ISBN
978-4-471-11333-9

価格: 1296 円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • e-hon で購入

インパクトイラストで、脳が勝手に覚えちゃう!

韓国語を勉強してみようかな、と思った人がまずはじめにぶつかるのが「ハングル」という文字の壁。
本書は、そんな難しく思われがちなハングルをイラスト化しました。
独特でおかしなキャラクターや謎のシチュエーションが次々登場。
ものすごいインパクトで一目見たらもう忘れられない…!

イラスト+セリフでハングルと発音が覚えられる!

インパクトのあるイラストとセリフで、ハングルがあっという間に身につきます。イラスト解説でストーリーも楽しめば、さらに記憶に残りやすい!

確認問題も楽しく取り組める!

章末には確認問題を用意。
といっても、イラストとハングルを線でつないだり組み合わせてみたり…ととってもカンタン!楽しみながら知識を定着させることができます。

お役立ちフレーズがアプリで聞ける!

巻末には、旅行などでよく使うフレーズをシチュエーションごとに掲載。音声アプリ「FeBe(フィービー)」を使えば、スマホやパソコンからフレーズが聞けます。

目次

●第1章 子音10
●第2章 母音10
●第3章 子音10+母音10
●第4章 濃音5・激音4
●第5章 パッチム7
●第6章 くっつき母音11
●第7章 超!お役立ちフレーズ
●発音コラム(1) 濁音化
●発音コラム(2) 連音化
●巻末 ハングル一覧表

著者紹介

八田靖史 (著者)

コリアン・フード・コラムニスト。慶尚北道、および慶尚北道宋州市広報大使。1999年に韓国へ留学した際に韓国料理のおいしさに感激し、帰国後はその魅力を伝えるべく、雑誌、新聞、ウェブで執筆活動を開始。トークイベントや講演のほか、企業のアドバイザー、韓国グルメツアーのプロデュースなども行う。著書は『食の日韓論 ボクらは同じものを食べている』(三五館)、『目からウロコの ハングル練習帳』(学研)ほか多数。韓国料理が生活の一部になった人のためのウェブサイト「韓食生活(www.kansyoku-life.com/)」を運営。

hime (著者)

イラストレーター、韓国ブロガー。35歳で韓国へ語学留学し、2006年に高麗大学語学堂を卒業。2009年7月からブログ「アラフォーから韓国マニアの果てなき野望!(https://ameblo.jp/hime-himitsu/)」を開始。ユニークな韓国語勉強法や女子目線の韓国情報、新大久保情報などが話題を呼び、月平均50万PVを誇る大人気ブログになる。著書は『新大久保の年下王子と結婚しました』(小学館)などがある。その他、新大久保ツアー、ソウルツアー、発音講座や旅行セミナーなども定期的に開催している。
Instagram:@hime.kmania
Twitter:@himekmania