おもしろくて役に立つ

あたらしい アロマテラピー事典

あたらしい アロマテラピー事典

著者名
木田順子(著者)
ぺージ数
224
ISBN
978-4-471-12344-4

価格: 1620 円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • e-hon で購入

アロマテラピーの決定版。

「興味はあるけど……、何から始めたらいいの?」「最近のアロマ本は似たり寄ったり。満足できる情報量の本はない?」そんな入門者&上級者、すべての方々におすすめしたいのが、このアロマテラピーの本。
香りや効用などの基本データはもちろん、精油にまつわる歴史や雑学など、読んで楽しい情報を盛り込んでいます。また、ラベンダー、レモンなど西洋の精油(58種)のみならず、ユズやスギなど日本の精油(14種)も紹介。今までにない画期的な1冊です。奥深いアロマテラピーの世界を、本書で味わいながら、ぜひ生活に取り入れてみてください。

クスノキ、ユズ、ヒノキ—。日本の精油14種を紹介

一般的な精油は、ほとんどが外国産です。しかし、今注目されている和精油は、日本の植物を原料としており、日本人になじみ深いものばかり。アロマの香りが苦手な高齢者の方でも、和精油なら安心感を覚えてくれることもあるそうです。幼いころからの記憶とDNAに刻まれた日本の香りを日常に取り入れてみませんか。

この1冊があれば、おうちで存分にアロマを楽しめる

アロマテラピーの醍醐味は、自分でおこなうグッズ作りやトリートメント。もちろん本書でも、化粧水などの作り方やトリートメントのしかた、それらに欠かせない基材や19種の植物油を紹介しています。

自分に必要なレシピが必ず見つかる

アロマテラピーは化学的な根拠があり、様々な分野でその効用が認められています。たとえば「認知症」。ローズマリー精油とレモン精油のブレンドは、交感神経を刺激し記憶力を高め、認知症患者の改善に役立つ研究結果があるのです。本書では69の症状別レシピを紹介。自分の体調に合わせて、セレクトしてみましょう。

目次

◆序章 人類と植物の歴史
◆第1章 使いやすい精油20種
 (イランイラン・オレンジスイート・サンダルウッド・ラベンダーなど)
◆第2章 活用の幅を広げる精油38種
 (カルダモン・タイム・バジル・ブラックペッパーなど)
◆第3章 日本の精油14種
 (青森ヒバ・クスノキ・トドマツ・ゲットウ・ユズなど)
◆第4章 植物油と基材
 (アボカド油・オリーブ油・ツバキ油など / グリセリン・シアバター・ミツロウなど)
◆第5章 精油の使い方
 (精油の基礎知識・精油の選び方、買い方・ブレンド方法など)
◆第6章 アロマテラピー実践ガイド
 (化粧水・クレイパック・ルームスプレー・トリートメントなど)
◆第7章 症状別アロマレシピ
 (肩コリ・便秘・冷え性・イライラ・月経痛・乾燥肌・ヘアケア・男性のケア・認知症・出張・防虫・災害時など)
◆巻末
 (用語解説・作用名とその意味・精油成分と主な作用など)

著者紹介

木田順子 (著者)

健康のこと研究所midi主宰。大学卒業後、ホテルオークラ神戸及びパークハイアット東京に勤務。1993年のアロマテラピーとの出会いをきっかけに95年、ハーブ・アロマテラピー製品の卸販売会社へ転職。97年に独立し、東京、鎌倉を中心にアロマテラピーとハーブに関する講師活動を始める。その後芦屋を拠点に、アロマテラピー及びハンドボンディングケアに関する活動を展開。公益社団法人日本アロマ環境会(AEAJ)、ナードジャパン(ナードアロマテラピー)協会会員。
著書『一発合格!アロマテラピー検定1級・2級 テキスト&問題集』(高橋書店)

木田順子の他の作品