ランニングを楽しみたいあなたにおすすめの一冊

金哲彦のランニング・メソッド

金哲彦のランニング・メソッド

著者名
金哲彦(著)
ぺージ数
160
ISBN
978-4-471-14212-4

価格: 1188 円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • e-hon で購入

羽が生えたように動きが軽くなる走り方が身につく!

現代人の生活がどんどん便利になることで、体を動かす機会は激減し、姿勢も悪くなりがち。しかも歩いたり走ったりすることは、誰かから教わることなく自然にできるので自己流になりやすいのですが、これがケガや痛み、偏った疲れの原因に。こうした状態を簡単に解消し、楽に走れるようにするのが”丹田・肩甲骨・骨盤”をきちんと動かす正しいフォームでのランニングでなのです。

使っていない筋肉を目覚めさせると、動きは軽くなる

日常生活であまり運動をしない人は、たくさんの筋肉を眠らせています。つまり眠った筋肉を背負い、起きている筋肉だけで生活する大変ツライ状態なのです。まずは眠ったままの筋肉を目覚めさせ動きを軽くしましょう。この眠っている筋肉と正しいフォームに大きく関係しているのが”丹田・肩甲骨・骨盤”です。

走る際の痛みなどでフォームの乱れと改善法がわかる

走り始めると、どこかが痛くなったり違和感をおぼえたりするもの。この原因のほとんどがフォームの乱れにあります。本書では、これを簡単に改善する方法をたくさん紹介しています。

メニューを組んでこなすことで、さらに楽しく走れる

正しいフォームが身につき、楽に歩いたり走ったり出来るようになると、次の目標がほしくなるもの。本書ではそんな方のために、健康維持目的から競技で活躍する目標がある方までが楽しめる練習メニューを紹介しています。

目次

prologue

●PART1 いきなりカラダが軽くなる!金哲彦のランニング・メソッド
●PART2 より長く、ラクに走れるようになる 金哲彦のランニング・クリニック
●PART3 走りの悩みを一発解消!金哲彦のランナーズ・ボディケア
●appendix 

著者紹介

金哲彦 (著)

1964年生まれ。福岡県北九州市出身。プロフェッショナル・ランニングコーチ。NPO法人ニッポンランナーズ代表。中学時代から本格的に長距離走を始める。八幡大学付属高等学校を卒業後、早稲田大学教育学部に進学。競走部に入り、箱根駅伝では1年生から4年連続で5区「山登り」を走り、2度の区間賞を獲得。卒業後リクルートに入社し、リクルートランニングクラブを設立。92年コーチに、95年監督に就任。2001年、NPO法人ニッポンランナーズを設立。一般市民ランナーやプロアスリートの指導にあたっている。テレビやラジオの駅伝・マラソン中継の解説者としてもおなじみ。

著書『金コーチが指導する 確実に速くなる走り方』(ランナーズ)、『オリンピック・アテネ大会マラソン金メダルへのセオリー』(メディアファクトリー)、『カラダ革命ランニング』(講談社)、『金哲彦のウォーキング&スローラン』(高橋書店)など

金哲彦の他の作品