ここが好き!高橋の手帳

手帳を使う人の分だけ、使い方がある。
手帳の選び方、使っている手帳への想いを紹介します。

20代会社員 O

Interview: 20代会社員 Oさん

手帳というより相棒!
苦楽を共にするパートナーのような存在

手帳は、僕の仕事のすべてが詰まっているといってもいいくらい、特別な存在です。どんな時でも持ち歩き、一緒に戦っているわけですから、愛着も湧くんですね。僕は社会人になってからは昔の手帳も残すようにしていて、気が向いた時に眺めるのですが、手帳を開くだけで過去の自分と再会することができます。自身の成長の記録としても大切に保管しています。冊数が増えるにつれて自信もついてきますね。

シンプルなデザインで、予定が把握しやすい

この手帳に出合うまでは、年末の手帳選びが面倒でした。手帳ってたくさんの機能がついていて、あまり筆マメじゃない僕にとっては要らないものが多かったんです。だからこのスマートさは僕に合っているなと。まだまだ駆け回ることの多いので、このサイズ感と軽さはとても大きなメリットです。一ヶ月ごとのカレンダー形式のページをメインに使っていますが、アポイントの有無を一目で確認できるので、便利ですね。

仕事モードに切り替えるスイッチ

この手帳を愛用している理由の1つは、デザインがビジネスマンっぽくてカッコイイこと。黒地に金のロゴって、仕事ができる大人の男って感じがしますよね。朝、会社に行って、ミーティングの時に手帳を開くと、「今日も頑張るぞ!」って気合いが入ります。それにこれは尊敬する先輩も使っていた手帳なんです。なんだかゲン担ぎのようですが、同じ手帳を使っているというだけで勇気をもらえるんです。