高橋をうならせたら50万。第20回手帳大賞

結果発表

第20回手帳大賞にたくさんのご応募ありがとうございました。
審査員をみごとにうならせた受賞作品を発表いたします。

第20回を迎えた手帳大賞。
「名言・格言部門」に19,936通、「商品企画部門」に1,409通、合計21,345通と、多数のご応募をいただきました。
ここに、審査員をうならせた「名言・格言部門」と「商品企画部門」の受賞作を発表いたします。

第21回手帳大賞 応募要項はこちら

  • 名言・格言部門
  • 商品企画部門
  • 第20回手帳大賞
     発表表彰式の様子

名言・格言部門

大賞

病室の夕陽より、やっぱり台所の朝陽ね

(ガンの)外科病棟を退院し、帰宅した翌日、台所に立った妻の一言。

相野 正 あいの ただし 66歳 会社員

大賞寸評

病気を乗り越えて、家族が後ろにいる台所から朝陽のまぶしさを感じて思わず口に出てしまった一言だと思います。「台所」という言葉が生活感をより際立てていて、飾らない言葉だからこそ日常生活に戻った時の感動が表現された作品でした。

優秀賞1

還暦超の高校同期会で、半生を振り返って誰からともなくそういう話しになってなんとなく一同、納得した言葉。「そういうことダヨナ」

還暦超の高校同期会で、半生を振り返って誰からともなくそういう話しになってなんとなく一同、納得した言葉。「そういうことダヨナ」

濵中 良 はまなか まこと 63歳 団体職員

優秀賞寸評

この言葉を聞くだけで、膝を打つような納得感を感じることができる、まさに完成された一言です。還暦を超えて、人生を振り返ってこそ出てくる奥深さが表現されています。内面的な心の傷も磨かれているのだと思うと、前向きになれる言葉です。

優秀賞2

ぼくは優しい怪獣になる!

息子は強くて大きい怪獣に憧れる腕白な男の子でした。ところが、自然災害のニュース映像を見て、土砂崩れに巻き込まれた自宅をみて泣く人や、川の氾濫で電柱につかまって助けを待つ人に心を痛めたようです。優しい怪獣になって、困っている人を助けてあげたいそうです。息子の小さな成長を実感した言葉です。

山崎 いづみ やまざき いづみ 34歳 パート

優秀賞寸評

子どもにとっての怪獣は、一見すると怖いし強いというイメージを持っています。けれどもそんな姿に憧れて、正義の味方ではなく「優しい怪獣」になることで、困った人を助けてあげたいと思う素直な気持ちがうまく表現されています。

泉 麻人賞

ネギにアイロン当てたのがニラ

娘が5~6才だった頃、ニラの買物を頼まれて・・・・。

雨森 茂喜 あまもり しげき 75歳 無職

泉 麻人氏コメント

これ、読んで一瞬、?となって2秒後くらいにヘヘッと笑った。大阪の方のようだから、関西に多い青ネギですよね。アイロンでシューッとなった感じが目に浮かぶ。

椎名 誠賞

赤ちゃんランドセルだ!!ママも一年生だね。

赤ちゃんをおんぶしていた時に、小学校入学したばかりの息子に言われました。上の子と下の子は6歳差。久しぶりの育児にバタバタしていたので・・・・その発言に、また一からがんばろうと思えた一言でした。

須合 里美 すごう さとみ 29歳 主婦

椎名 誠氏コメント

手帳大賞では小さな子のほんの一言が取り上げられることが多い。これも小さな子しか思いつかない、思わずはっとする愛情あふれる発見で、なんとも微笑ましい気分になります。

黛 まどか賞

おはなしのきれいなひとだったねえ

言葉遣いの丁寧な私の友人が帰ったあとで、三歳だった娘がしみじみと。そんなことに心を留めていたことにおどろき、それを三歳児の語彙で表現するとこうなるんだと新鮮な印象を受けた。

鍜治 銘子 かじ めいこ 55歳 主婦

黛 まどか氏コメント

日本には昔から「言霊」の文化があります。美しい言葉には、美しい心が宿り、周囲まで幸せにする。それを理屈でなく直感で覚った子供の感受性に、はっとさせられました。

名言・格言部門から生まれた商品

名言・格言日めくりカレンダー(手帳大賞作品集)

第19回の受賞作を中心とした優秀作品の日めくりカレンダー。

商品企画部門

優秀企画賞

タイムフリー手帳

全ての週間ページ上部に該当月の月間カレンダーを掲載し、前後週の予定の連続性を把握しやすくした週間セパレート式の発展型手帳です。記入欄には当日の予定欄を設け、自由度を増すためにタイムラインは斜めに、時間目盛も12時とAM、PMのみ記載しています。1日のメモスペースはあえて区切らず、フリーで使えるグリッドメモを配置することで使い方の幅が大きく広がっています。レイアウトの複雑さが記入を難しく感じさせてしまう面もありますが、限られた紙面を有効に使用できるレイアウトに新たな可能性を感じ、この度の受賞とさせていただきました。

宮内 高明 みやうち たかあき 74歳 無職

企画賞から生まれた商品

企画賞から生まれた商品1

「第3回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。

No.38 かんたん・かけいぼ

1日1行、1ヵ月見開きオンリーの、薄くて自由な家計簿。

企画賞から生まれた商品2

「第5回手帳大賞」最優秀賞企画賞受賞作を商品化。

リンクアップ(R)式手帳

実用新案登録 No.3089766 意匠登録 No.1180387

<十字に区切られたスペース>で、複数の予定・項目が管理できる新提案型商品。

企画賞から生まれた商品4

「第14回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。
意匠登録 No.1441379

No.390 No.392
ティーズディレクションダイアリー

大人気のバーティカル式に、たっぷりの方眼メモを付けました。

企画賞から生まれた商品6

「第14回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。
意匠登録 No.1441379

No.395 No.396
ティーズディレクションダイアリー ワイド

大人気「T'ディレクションダイアリー」に、待望のA5判が登場しました。

企画賞から生まれた商品5

「第16回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。

No.393
T'クリエイティブダイアリー

使い方は自由自在!余白たっぷりのバーティカル式、誕生!

企画賞から生まれた商品7

「第19回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。

No.421
T'マネジメントダイアリー

予定を「5W1H」の項目で記入することで、考え方や行動をシンプルに整理できる新しい記入形式!

企画賞から生まれた商品8

「第19回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。

No.422
T'プランニングダイアリー

バーティカル式の進化系!紙面を縦横ブロック状に8分割しました。

企画賞から生まれた商品9

「第18回手帳大賞」最優秀企画賞受賞作を商品化。

No.37
わたしのシンプルかけいぼ

1日1行、12費目を設定できる、フリーでカスタマイズしやすい家計簿です。

第20回手帳大賞
発表表彰式の様子

「手帳大賞」とは、高橋書店の「手帳をもっと身近に感じてもらいたい。
「日常生活の中でもっと活用してほしい」という願いから、1996年より毎年開催しています。
第20回を迎えた「手帳大賞」発表表彰式典は平成28年10月19日に、帝国ホテルにて盛大に執り行われました。

協賛

  • 王子製紙株式会社
  • 北越紀州製紙株式会社