大きなイラストや一目でわかる特徴など、小さなお子さまにとってもわかりやすく、本を楽しめる工夫を施した図鑑です。

はじめてのずかん きょうりゅう

価格
1210(税込)
著者名
小林 快次(監修)
加藤 愛一(イラスト)
ページ数
96
判型
B5変形
ISBN
978-4-471-10400-9
ためし読み

超ビジュアルコンテンツで、はじめての子どもでも楽しく読める図鑑です

「はじめてのずかん」シリーズは、大きなイラストや一目でわかる特徴など、
お子さまにとってわかりやすく、本を楽しめるための工夫を施した図鑑です。
はじめて言葉を覚えるころから、知識を深めるころまで、さまざまな楽しみ方ができる一冊です。
恐竜のことをワクワク知れるので、子どもの好奇心を満たし、学ぶ心も育みます。
大切なお子さまの、愛読書の一冊となることでしょう。

迫力のある、大きなイラストで、想像力がふくらむ!

大きなイラストで大好きな恐竜が見られるので、ワクワクがとまりません。体を細かく見れば、「どうしてこんな形なの?」など、たくさんの不思議がみつかるでしょう。そして、不思議の理由を想像してみましょう。

「いちばん」アイコンや特集で、知る喜びをあじわう!

一番といえる特徴が一目でわかります。きょうりゅうのすごさに、感動すること間違いなし!
さらに「特集」を読むと、知識が深まります。

描きおろしのイラストがかっこいい!

各時代の様子が想像できるように、迫力の描きおろしのイラストを、見開きで掲載。今は見られない恐竜への想いが膨らみ、「あたまの中の世界」が広がります。

目次

1章 さんじょうきのきょうりゅう
2章 ジュラきのきょうりゅう
3章 はくあきのきょうりゅう

はじめてのずかん きょうりゅう

1210(税込)