924語の用言の活用形16種類がひと目でわかる!

すぐわかる!韓国語活用辞典

価格
1650(税込)
著者名
石賢敬(監修)
ページ数
512
ISBN
978-4-471-11324-7

活用のルールがわからなくても、もう大丈夫!

韓国語学習の難関の一つが「用言の活用」です。日本語で「行く」が「行きました」「行きません」と活用して使われるように、韓国語も原形の知識だけではまったく使いこなすことができません。しかも活用のルールは簡単ではなく、規則活用、不規則活用などたくさんあるのです。
「韓国語を使いたいけど、そんなに覚えられないよ!」という読者のために、本書ではよく使う924語の用言の16種類の活用形を1冊にまとめました。用言は日本語の五十音順に並んでいるので、お目当ての活用形をすぐに見つけられます。また、ハングルにはすべてルビつきなので、簡単に韓国語を使いこなせます。
本書で、韓国語がわかる、使える楽しさを、ぜひ実感してください。

まずは韓国語の基本から

ハングルの読み方、音声変化のルールなど、韓国語の基本をコンパクトにまとめています。
ここで軽くおさらいすれば「ちょっと基礎知識に自信がない・・・」という方でも安心です。

不規則活用のパターンもばっちり

苦手な人も多い韓国語の不規則活用のパターンと特徴が簡単に確認できます。

よく使う活用形16種類がひと目でわかる

よく使う16種類の活用形が一覧表になっているので、探している言葉がすぐに見つかります。

目次

●はじめに/韓国語の用言について/本書の活用表の構成
●活用辞典を読むための基本知識
 1.韓国語の文字・ハングル
 2.音声変化
 3.用言の活用パターン
●活用辞典(全924語)
 あ行(158語)/か行(128語)/さ行(128語)/た行(128語)/な行(96語)/
 は行(96語)/ま行(96語)/や行(56語)/ら行(20語)/わ行(18語)

著者紹介

石賢敬 (監修)

東海大学外国語教育センター講師。大阪外国語大学大学院言語社会研究科国際言語社会専攻(日本コース)博士前期課程修了、東京大学大学院総合文化研究科言語情報専攻博士後期課程修了(学術博士)。共著に、ゲスト出演した『NHKラジオ まいにちハングル』(NHK出版)、『みんなの韓国語1』『(同)2』(白帝社)、『韓国語へのとびら』(朝日出版社)などがある。

編集部よりひとこと

「活用」の仕組みが分からなくても大丈夫!

こ、き、く、くる、くれ、こよ…学生時代、授業で習ったことを覚えていますか? 
日本語の動詞・形容詞に活用があるように、韓国語にも活用があります。このルールがとても複雑で、ただ文章をたくさん読んでいれば活用規則が覚えられるわけではありません。
そこで、本書では韓国語の動詞・形容詞など924語の活用形をまとめました。一つの単語につき16の基本的な活用形を整理。いくつかの単語を調べていくうちに、しぜんと活用語尾の形(活用の仕組み)が身につくようになっています。
また、活用表を使ったひとことフレーズや、類義語などを解説したミニコラムを全単語に掲載。
これで韓国語活用をマスター!

すぐわかる!韓国語活用辞典

1650(税込)