親子で楽しくコミュニケーションがとれる!

おかあさんとなぞなぞようちえん

価格
715(税込)
著者名
本間正夫(作)
大河原一樹(絵)
ページ数
160
ISBN
978-4-471-10338-5

お母さんと一緒に楽しめる「しかけなぞなぞ」収録

ある部分を隠すとまったく別の絵が見える、不思議ななぞなぞもあるよ! わかるかな?
お母さんは、最初に指定の場所に指を置いて、お子さんに出題してみてください。指をはずした瞬間…ほら不思議、まったく別の絵に! こんなサプライズが楽しめるなぞなぞを多数収録しています。

お子さんに身近な、楽しいなぞなぞがいっぱい!

「ほそーい からだだけど みんなが ぶらさがっても へいきな ものは?」(=てつぼう)、「あっちが あがると こっちが さがり、こっちが あがると あっちが さがる ものは?」(=シーソー)など、身近なものをテーマにしたなぞなぞなので、ものの名前の確認にも。

答えもイラストだから、わかりやすい

小さなお子さんには、答えを言っても「何でこの答えはてつぼうなの?」とわからないことも多いもの。そこで本書では、答えも大きなイラストに。格段にわかりやすく、納得しやすくなりました。

めいろなどもあるので飽きずに楽しめる

めいろやえさがしなど、お子さんが大好きな遊びのページがところどころに登場するので、飽きずに楽しめます。おうちで遊びのツールに困ったとき、乗り物で移動中、何かの待ち時間など、ちょっとした時間を楽しく過ごせる恰好のアイテムになること、間違いなしです。

目次

●1 あそびのなぞなぞ
●2 おうちのなぞなぞ
●3 まちのなぞなぞ
●4 しぜんのなぞなぞ
●5 へんしんなぞなぞ

著者紹介

本間正夫 (作)

1953年、群馬県前橋市生まれ。編集者を経て、82年からフリーの文筆業に。なぞなぞ・クロスワード・パズル制作のほか、漫画の原作・シナリオ構成、スポーツ関連の取材構成など多岐にわたる執筆活動を続けている。
著書『おかあさんとなぞなぞようちえん』『おともだちとなぞなぞ1・2年生』『みんなでなぞなぞ3・4年生』(高橋書店)『新版 傑作 なぞなぞ大事典』『面白なぞなぞ大事典』(主婦の友社)、『ワクワクかっこいい なぞなぞようちえん』『ミラクルかわいいなぞなぞようちえん』(ナツメ社)など

本間正夫の他の書籍

大河原一樹 (絵)

多摩美術大学卒。多摩美術大学イラストレーション・スタディーズ研究メンバー。日本図書設計家協会会員。迷路や探し絵など、「遊べる絵」をテーマに創作活動を続けている。描くものは人・モノ・動物などとジャンルを問わず、その緻密さとオリジナリティは子どもから大人まで楽しめると高い評価を得ている。
著書『昆虫大集合! めいろあそび』(高橋書店)ほか多数

大河原一樹の他の書籍

おかあさんとなぞなぞようちえん

715(税込)