生涯見える目を守るために

これで安心!中高年の目の病気〜白内障・緑内障・加齢黄斑変性など

価格
1210(税込)
著者名
湯澤美都子(監修)
服部隆幸(監修)
ページ数
160
ISBN
978-4-471-40805-3

病気を理解して、適切な治療や対処をするための最新知識をまとめました

情報化社会の現代では、目にかかる負担がますます大きくなっています。目の働きが加齢とともに衰えるのは避けられず、中高年になると日常的に不自由を感じる人が多くなります。それをすべて予防したり、若いときの目に戻すことはできませんが、たとえ病気が起きても、今は、治療をすれば進行を抑えたり改善できたりすることが多くなっています。そうした病気を正しく理解して、適切な治療を受けるためにお役立てください。

写真やイラストでわかりやすく説明

病気についての説明はもちろん、患者さんが疑問に思いそうな、ちょっとしたことを「Q&A方式」にしたり、「アドバイス」として掲載しています。写真やイラストも豊富です。

巻末付録「アムスラーチャート」

家庭で見え方の異常をチェックするのに便利な「アムスラーチャート」。異常があれば眼科での検査が必要です。受診時に症状を伝えるのにも役立ちます。

文字が見やすいように、工夫しています

本文には「ユニバーサルデザインフォント」という見やすい文字を使用しています。

目次

●第1章 目の症状と検査
●第2章 白内障 〜目がかすむ、見えにくい
●第3章 緑内障 〜気づかないうちに視野が欠けていく
●第4章 加齢黄斑変性 〜見たいところが見えない
●第5章 中高年になると増える その他の病気
●第6章 老眼とうまくつきあう
●巻末付録

著者紹介

湯澤美都子 (監修)

日本大学医学部眼科教授、駿河台日本大学病院病院長
1975年日本大学医学部卒業。同大学医学部眼科助手・講師・助教授を経て、2003年より教授。11年より駿河台日本大学病院病院長を兼任。日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼循環学会等の役員を務める。専門は眼科学、特に加齢黄斑変性など黄斑疾患、網膜疾患。

服部隆幸 (監修)

駿河台日本大学病院眼科、日本大学医学部眼科助教
1995年日本大学医学部卒業。日本大学医学部附属板橋病院眼科・同附属練馬光が丘病院眼科・横須賀市立市民病院眼科・独立行政法人国立病院機構災害医療センター眼科等を経て、2004年社会保険横浜中央病院眼科医長、05年より駿河台日本大学病院眼科、06年より日本大学医学部眼科助教。専門は眼科学、特に白内障、緑内障、網膜硝子体手術。

これで安心!中高年の目の病気〜白内障・緑内障・加齢黄斑変性など

1210(税込)