くらしの中にも「なぜ?」「どうして?」がいっぱい!

せいかつのふしぎ なぜ? どうして?

価格
1100(税込)
著者名
梅澤 真一(監修)
ページ数
192
判型
A5
ISBN
978-4-471-10383-5
ためし読み

大人気「たのしく学べるシリーズ」。今度のテーマは「せいかつのふしぎ」!

「なぜ、朝はねむいの?」、「あいさつはなんのためにするの?」
なにげないくらしの中にも、ふしぎなことはいっぱいあります。
でも、身近だからこそ、いざ答えるとなるとむずかしい・・・・。
本書はそんな「なぜ?」「どうして?」のぎもんに、シンプルな文とイラストでお答えします。

せいかつの中で出会うぎもんにお答え!

いつもしていること、おとながよく言うあのセリフ、よく使っている道具のしくみ・・・。
ふだんはなかなか気づかない、でもよく考えてみると「なぜ?」と思ってしまうぎもんを集めました。

特集つきでもっとたのしい!

「なぜ?」「どうして?」の解説のあとには、さらにたのしく学べる特集をもうけています。

自由研究のヒントにもおすすめ!

自由研究というと、むずかしいテーマを研究しなければと思ってしまう方も多いはず。
でも、研究テーマはみぢかな場所でも見つけられます。
お子さまの好奇心をくすぐり、たのしくチャレンジできる自由研究のヒントを4つご紹介しています。

目次

【まいにちのふしぎ】なぜ朝はねむいの?/家に帰るとほっとするのはなぜ?/なんでゲームばかりしちゃいけないの? など

【くらしのふしぎ】なんで「ウチはウチ、ヨソはヨソ」って言うの?/電話で「もしもし」と言うのはなぜ?/「こしょう少々」ってどのくらい? など

【もののふしぎ】のりでものがくっつくのはなぜ?/なぜクーラーをつけるとすずしくなるの?/どうして薬ってにがいの? など

【きせつのふしぎ】どうして春に花見をするの?/どうして夏はおまつりがたくさんあるの?/なぜ秋になると、黄色い葉が落ちているの? など

【まちのふしぎ】買い物をするとき、どうしてお金をはらうの?/どうしてファストフードは早くできるの? など

著者紹介

梅澤 真一 (監修)

筑波大学附属小学校主幹教諭。専門は小学校社会科教育。
日本社会科教育学会、全国社会科教育学会、日本地理教育学会に所属。
東京書籍『新しい社会科』教科書編集委員。
子どもたちが「きらめき」「ひらめき」「にこにこ」しながら授業に参加し、
すべての教科を楽しめることをめざしている。

著書:『梅澤真一の「深い学び」をつくる社会科授業 5年』(東洋館出版社)
編著:『「現代的な課題」に取り組む道徳授業 価値判断力・意思決定力を育成する社会科とのコラボレーション』(図書文化社)
共著:『筑波発 社会を考えて創る子どもを育てる社会科授業』(東洋館出版社)
監修:『小学総合的研究 わかる社会 改訂版』(旺文社)、『47都道府県が記憶にのこる! 日本地図大ぼうけん』(朝日新聞出版)
ほか多数

編集部よりひとこと

みぢかな場所にこそ、「ふしぎ」があふれている!

朝起きて、学校に行って、友だちと遊んで、家に帰って…。学校生活になれてくると、同じようなことのくりかえしになって、「なんだかつまらない」と思ってしまう子もいるかもしれません。でも、身のまわりを観察してみると、当たり前すぎて気がつかなかったことや知らないことがたくさんあることに気がつくはずです。本書を作るうえでも、せいかつにまつわるふしぎなことが多すぎて、泣く泣くボツにしたネタがいっぱいありました。ぜひ、本書を読んだあとはみなさんにも、身のまわりの「なぜ?」「どうして?」をさがして、考えて、話して、楽しんでいただけたらうれしいです。

せいかつのふしぎ なぜ? どうして?

1100(税込)