少額で買えて高配当! 世界一の株式市場で稼ぐ!

いちばんカンタン! 米国株の超入門書

価格
1540(税込)
著者名
安恒 理(著)
ページ数
160
判型
A5
ISBN
978-4-471-21088-5
ためし読み

シリーズ80万部突破の超入門書シリーズに、米国株の解説書が登場!

高配当&史上空前の株高で、人気の集まる米国株投資。
ただ「英語ができないとダメ?」「どんな企業があるの?」など、初心者にはわかりにくい点も。
そこで本書では「とにかくわかりやすい」と80万人に支持されてきた『株の超入門書』のメソッドを生かし、
必要な知識を、イラストを使って、初心者でも一発で理解できるようにまとめました!

初心者の疑問に、イラスト図解でズバリ答える

「そもそも、株って何?」
そんな素朴な疑問から、日本株と米国株の違い、銘柄選び、売買のタイミングまでていねいに解説。
見開き完結で図解しているから、気楽にすらすらと読むだけで米国株の基本が理解できます。

インデックス投資&個別株投資どちらにも対応!

米国株投資の王道は「インデックス投資」と「個別株投資」。
本書では、それぞれのメリット、デメリットをしっかり解説。
ベンチマークや個別銘柄など、投資商品の例も載っているから、
「どんな銘柄を買ったらいいかわからない」初心者も、気軽に始められます。

過去の事例を通して経済の教養も身につく!

世界経済の中心である米国の金融政策は、世界経済にも影響します。
本書では 過去の暴落や金利変動の事例をもとに、経済が動いた事例を4コマまんがや図解で紹介。
米国株取引を学びながら、経済と金利の仕組みの基本も身につきます!

目次

巻頭トピックス
地球上最速⁉ 15秒でわかる米国株の魅力
米国市場は成長を続けている
米国株への投資は世界への投資になる など

BASIC  始める前に! おさらいしよう基本のきほん
PART1 人気の米国株ってどこがいいの?
PART2 米国株を買ってみよう
PART3 シンプルでわかりやすいインデックス投資
〇主なベンチマークと投資商品一覧
PART4 成長企業に直接投資 個別株投資
〇注目の個別銘柄
PART5 知っておきたい リスクと売り時の見極め方
PART6 ケーススタディー 儲けた人と損した人の違いはコレ!
PART7 成長国の未来を買う 新興国株にチャレンジする


★巻末付録 投資家の常識! オトクな制度と先人の知恵
新NISA・iDeCoのしくみ
覚えておきたいチャートの見方 きほんの基本
先人に学ぶ 米国株の相場格言

著者紹介

安恒 理 (著)

1959年福岡県生まれ。慶応義塾大学卒業後、出版社勤務。
月刊誌の編集に携わったあと、ライターとして独立。
マネー誌への執筆など、投資からビジネス、スポーツ、サブカルチャーなど幅広い分野で活躍。
株式投資歴は、1987年のブラックマンデー以降、35年以上におよぶ。

<著書>
『いちばんカンタン! 株の超入門書』
『いちばんカンタン! 米国株の超入門書』
『いちばんカンタン! FXの超入門書改訂版』(高橋書店)
『マンガでわかる最強の株入門』(新星出版社)
『はじめての米国株1年生 新・儲かる仕組み損する理由がわかる本』(明日香出版社)

安恒 理の他の書籍

編集部よりひとこと

日本の未来に不安を感じたら、米国株がおすすめ

少子高齢化の続く日本。働き手は減り続け、高齢者ばかりが増えていく…
もちろん、トヨタのように世界を相手にした企業もありますが、内需にたよった企業に伸びしろがあるのか、と考えると、暗い気持ちになりませんか?
このページをご覧いただいた皆さんは、そんな不安を抱いていらっしゃると思います。
『米国株の超入門書』はそうした「将来を真剣に考えている方」に向けて作成しました。
人口増加は経済成長の大きな要因です。先進国でありながら人口が増え続け、さらに世界のトップ企業が集まる米国市場なら、今後も成長が期待でき、十分な魅力があります。
本書が皆様の資産形成の少しでもお役に立てばと心から思います。

いちばんカンタン! 米国株の超入門書

1540(税込)