患者のための最新医学パーキンソン病 改訂版

価格
1430(税込)
著者名
織茂智之(監修者)
ページ数
128
判型
A5判
ISBN
978-4-471-40833-6

『パーキンソン病診療ガイドライン2018』対応。
 患者さん、そのご家族が本当に知りたい、パーキンソン病の最新知識

患者のための最新医学シリーズ『パーキンソン病』の改訂版。2013年初版刊行時、約10万人だった患者数は、高齢化に伴い年々増加し、現在では約15万人といわれています。これは神経変性疾患では、アルツハイマー病に次いで多い数字。とはいえ、パーキンソン病は、う新薬の開発はもちろんのこと、iPS細胞を使った再生医療、遺伝子治療などの研究も進んでおり、今後の研究の成果が期待されています。2018ガイドラインに対応、公的支援制度も見直し、いま一番新しいパーキンソン病の本です。

『パーキンソン病ガイドライン2018』対応の最新版

2011年版から7年ぶりに行われた、ガイドラインの改訂。最新治療はもちろんのこと、国際的な診断基準・画像検査など、全般にわたって変更されました。患者さんが最も知りたい、検査や治療法を最新の情報とともに詳しく解説。分類が大きく変更となった抗リウマチ薬の情報もアップデートしました。

パーキンソン病と、共存して暮らしていくための方法

患者さんが病気と上手につき合いながら、安心して暮らしていくためのHow toもていねいに。歩きやすく、転びにくい環境作り、食事や入浴のこと、着替えや排泄のことなど、サポートするご家族の皆さまにも、すぐに役に立つ情報を紹介しています。

Q&Aコーナーで、解決、安心、深まる知識

気になる症状について、他の病気との関係、薬物治療を続けていく上での疑問、新薬について、脳深部刺激療法について、等、患者さんが知りたい情報、疑問を解決するQ&Aコーナーを新しく設けました。

目次

・はじめに

第1章 パーキンソン病についてよく知ろう
第2章 パーキンソン病の検査と診断
第3章 パーキンソン病の薬物療法
第4章 パーキンソン病の運動症状をどう治療するか
第5章 パーキンソン病の非運動症状をどう治療するか
第6章 運動昨日の回復と維持に役立つリハビリテーション
第7章 患者と家族のための日常生活のケアとポイント
第8章 療養生活を支える公的支援制度

・パーキンソン病をさらによく知るためのQ&A
・索引

著者紹介

織茂智之 (監修者)

関東中央病院神経内科統括部長

1956年生まれ。信州大学医学部卒。
東京医科歯科大学神経内科、都立広尾病院循環器科、
関東逓信病院(現・NTT東日本関東病院)神経内科などを経て、
公立学校共済組合関東中央病院神経内科統括部長。
平成11年度上田記念心臓財団賞、平成19年度日本神経学会楢林賞、
平成20年度東京都医師会医学研究賞受賞。
著書に『パーキンソン病・レビー小体型認知症がわかるQ&Aブック』
(小阪憲司・織茂智之共著・メディカ出版)、
『実践! パーキンソン病治療薬をどう使いこなすか?』
(武田篤・柏原健一・織茂智之共著、南江堂)ほか。

編集部よりひとこと

編集者の想い

神経性疾患では、
アルツハイマーに次いで患者数が多いとされるパーキンソン病。
初版刊行当初(2013年)10万人だった患者数は、
高齢化に伴い、約15万人にまで増えています。
とはいえ、パーキンソン病は、適切な薬物療法で症状をコントロールしつつリハビリを行い、
上手に共存しながら暮らしていくことが十分に可能な病気です。
新薬の開発、iPS細胞を使った再生治療、遺伝子治療の研究なども進んでおり、
今後の研究の成果も期待されています。
前向きに治療に取り組んでいる患者さんとご家族が、
新しく、正しい知識を得て、理解をより深めていただける1冊です。

患者のための最新医学パーキンソン病 改訂版

1430(税込)