NEW

身近なふしぎに答える、たのしいおはなしの本

たのしい! 科学のおはなし2年生

価格
1430(税込)
著者名
横山正(監修)
ページ数
192
判型
A5
ISBN
978-4-471-10472-6
ためし読み

「かぜをひくのはなぜ?」「車はなぜ走れるの?」ずばり答えます

300万部を突破した「楽しく学べる」シリーズが、オールカラーでリニューアル!
科学の素朴な疑問に、読みやすい文で答えます。
次のページにある特集では、科学の知識を楽しい絵で深掘りできます。朝読や読み聞かせにもおすすめの1冊です。

読みやすい!疑問に答えるページ

わかりやすい文とたのしい絵で、科学のふしぎに答えます。

たのしい!もっと科学を知るページ

次のページでは科学をもっと深掘りできる特集ページを掲載しています。

「やってみよう!」で科学を体感

実際に自分のからだで試すことで、科学の知識を体感。もっと科学が楽しくなるだけでなく、実生活や自由研究にも生かせます。

目次

体のおはなし、生きもののおはなし、くらしのおはなし、きかいのおはなし、うちゅう・ちきゅうのおはなし

著者紹介

横山正 (監修)

1947年東京生まれ。東京学芸大学大学院修士課程修了。同附属小金井小学校副校長を経て2007年3月まで東京都杉並区立和田小学校校長。2004年、児童ひとり1台を想定した124台のノートパソコンを導入し、全国に先駆けてSqueakでのプログラミング教育を取り入れ、話題となる。毎日小学生新聞や朝日小学生新聞にコラムを連載し、多くの子どもたちに理科の楽しさを伝える活動を行った。文部省達成度調査委員・指導資料作成協力者委員・学習指導要領作成協力者委員、理科教科書編集委員などを通して、日本の小学校理科学習の指針づくりに関わる。ポプラディア情報館「理科の実験・観察」の生物・地球・天体編と物質とエネルギー編の2巻を執筆・監修。ほか児童向けの編著書は多数。現在は法務省人権擁護委員、公益財団法人豊島修練会理事長を務めながら、都内各小学校の研究・研修活動の支援に携わっている。

横山正の他の書籍

編集部よりひとこと

本も科学も好きになるように!

小学校の朝読習慣が定着して、長くなりました。読書が授業や宿題になる学校も多くあります。でも、なかなかぴったりの本をさがすのは難しい…。そんな子どもや保護者のために、たのしい科学のおはなし集をつくりました。絵本から卒業して読書が好きになるかどうかは、この時期、どんな楽しい本に出会っているかにかかっています。また子どもの知的好奇心は、身近なものへの疑問からいつも生まれています。ぜひこの本をきっかけに、科学に興味を持ち、本を読むのが楽しくなることを願っています。

たのしい! 科学のおはなし2年生

1430(税込)

購入サイトを選択してください

※ボタンクリック後、外部サイトに遷移致します。