またまた出ちゃう!直訳禁止 日本人のかんちがい英語

価格
1100(税込)
著者名
ゲーリー・スコット・ファイン(著者)
ページ数
176
判型
四六判
ISBN
978-4-471-11336-0
ためし読み

イディオムがわかれば、英語はもっと楽しい

"Why the long face?" は、「なんで顔が長いの?」
"He is a big cheese." は、「彼はでっかいチーズだ」
"My car is a lemon." は、「私の車はレモンです」

……ではありません!

単語ひとつひとつはわかるのに、相手の言葉が理解できないとき、
その原因は、英語の慣用句「イディオム」かもしれません。

本書では、日本人が学校でまったく習わなかった「イディオム」を
わかりやすく、おもしろく、紹介しています。

著者は、NHK英会話番組で活躍中のゲーリー先生。
おもしろくって、為になる、「かんちがい英語」の世界、第2弾です。

イラスト+日本語訳で、笑いながら学べる

左ページでは、イディオムを直訳すると起こってしまう「かんちがい」を紹介しています。
じわじわ笑えるイラストと一緒に学んでいきましょう。

解説+ダイアログで、イディオムを正しくマスター

右ページでは、思わず「こう教えて欲しかった!」と言いたくなるわかりやす解説と、
ジョークたっぷりの「模範的ダイアログ」で
イディオムの意味だけでなく、使いどきまでわかります。

コラムまで楽しめる

たかがコラムとあなどるなかれ。
読みごたえバツグンの5つのコラムを収録しています。

目次

●パート1 【FOOD】 たべものを使ったイディオムを集めました
・He's a big cheese. (彼はでっかいチーズだ。 とかんちがい…)
・It's a piece of cake. (それはひと切れのケーキだ。 とかんちがい…)
・My car is a lemon. (僕の車はレモンなんだ。 とかんちがい…)
●パート2 【BODY】 からだを使ったイディオムを集めました
・Why the long face? (なんで顔が長いの? とかんちがい…)
・She gets under my skin. (彼女が皮膚の下に入ってくるんだよ。 とかんちがい…)
・No sweat! (汗はぜんぜんかいてない! とかんちがい…)
●パート3 【ANIMAL】 どうぶつを使ったイディオムを集めました
・It's raining cats and dogs! (猫と犬の雨が降ってる! とかんちがい…)
・His dad's a fat cat. (彼のオヤジはデブ猫だ。 とかんちがい…)
・I'm a fish out of water. (僕、水から出た魚なんですよ。 とかんちがい…)
●パート4 【SPORT】 スポーツを使ったイディオムを集めました
・He's really on the ball. (あいつマジでボールに乗っかってるな。 とかんちがい…)
・He threw in the towel. (彼はタオルを投げ入れた。 とかんちがい…)
●パート5 【OBJECT】 ものを使ったイディオムを集めました
・He flipped his wig. (あいつのカツラがひっくり返った。 とかんちがい…)
・He has a skeleton in the closet. (彼のクローゼットには骸骨がある。 とかんちがい…)
●パート6 【ACTION】 うごきを使ったイディオムを集めました
・It came out of the blue. (それは青から出てきた。 とかんちがい…)
・The party is in full swing. (パーティーはフルスイングしている。 とかんちがい…)
○コラム
1 イディオム学習の一助に
2 涙が出るほど笑った
3 アサリのようにハッピー?
4 自然が呼ぶとき―生理現象
5 リンゴとオレンジ―似て非なるもの

著者紹介

ゲーリー・スコット・ファイン (著者)

米オレゴン州出身。
早稲田大学非常勤講師、立教大学助教、東海大学教育開発研究所准教授を経て、東海大学高輪教養教育センター教授。
主な研究テーマは、エンターテインメントメディアを通じた第二言語習得。
NHK Eテレ「ニュースで英会話」出演、「リトル・チャロ2」「同4」「プレキソ英語」監修。NHK教育テレビ・DVD「新3か月トピック英会話 英単語ネットワーク めざせ10,000語!1」「同2」「同3」執筆・出演。NHKラジオ「英会話入門」「英会話上級」執筆・監修。通信講座「1000時間ヒアリングマラソン」(アルク)執筆・出演。『CNN ENGLISH EXPRESS』(朝日出版社)執筆など、日本人の英語習得をサポートするため幅広く活躍している。

ゲーリー・スコット・ファインの他の書籍

編集部よりひとこと

たのしく英語にふれたいあなたへ

英語の慣用句(イディオム)って覚えていますか?
受験のとき、無理矢理たくさん覚えて、「イディオム」って聞くだけで嫌な記憶がよみがえる…
という方も多いかもしれません。

でも、イディオムって実はかなりおもしろいんです。
というのも
英語圏の文化や、ネイティブが物事をとらえているのか、
イディオムの由来を知ればわかってしまうから。

たとえば、"He is a black sheep."
直訳は「彼は黒い羊だ」ですが、本当の意味は「彼は厄介者だ、ろくでなしだ」
このイディオムは、黒い羊毛は染められないので、価値がないとされていたことに由来しています。
思わず「なるほど~」とうなってしまいそうですよね。

「うまいこと言う」のが大好きなネイティブは、イディオムを使うのも大好きです。

本書でイディオムを知って、
異文化への理解も、ネイティブとのコミュニケーションも
深めていただけたらいいな、と願っています。

またまた出ちゃう!直訳禁止 日本人のかんちがい英語

1100(税込)