ベストセラーの続刊、登場

もっと からだにおいしい野菜の便利帳

価格
1540(税込)
著者名
白鳥早奈英(監修)
板木利隆(監修)
ページ数
208
ISBN
978-4-471-03383-5

野菜の魅力をあますところなく

世はまさに、野菜ブーム。低カロリーで有効成分がたっぷり詰まっている栄養面での魅力に加え、かわいらしい形や生命力あふれる姿は人々の心をとらえて離しません。もちろん新種や伝統野菜の復活などによって、野菜の種類は増える一方。本書には、そんな野菜たちの魅力がたっぷりです。野菜を用いた体に効く食べ合わせ288例、健康効果抜群のレシピ117例、国内外の美しい品種群876種など、みなさんが本を開くたびに発見があることを願っています。

絶妙な食べ合わせが効く

食材どうしのもつ成分は、組み合わせしだいで活きることも相殺されてしまうことも。本書では健康成分の持つ力を引き出す絶妙な食べ合わせをたっぷり紹介しています。

めずらしいものも多数収録

これまで見慣れなかった野菜や果物を、最近よく目にするようになったという話を聞きます。本書ではそんな新顔野菜や果物たちの姿や食べ方、魅力がわかるようにしました。

伝統野菜の魅力がわかる

野菜もさまざまな商品と同じく、つねに改善・改良されています。そのなかで忘れ去られていった伝統野菜たちが復活を始めました。生産者の情熱が伝わってきます。

目次

●実を食べる
●根を食べる
●葉を食べる
●香草・ハーブを食べる
●フルーツを食べる

著者紹介

白鳥早奈英 (監修)

栄養学博士、心療カウンセラー、健康運動指導士。青葉学園短期大学食物栄養科、日本女子大学食物科卒業後、東京農業大学栄養科、アメリカ・ジョージア州立大学栄養科で学ぶ。エモリー大学講師、バークレー科学大学大学院客員教授。1982年、日本で初めて栄養学的な面から「食べ合わせ」を提唱。新聞や雑誌での執筆のかたわら、テレビのコメンテーターとしても活躍。著書は70冊に及ぶ。「食塾」主宰。

板木利隆 (監修)

農学博士、技術士。神奈川県農業総合研究所所長や全農農業技術センター技術主管などを歴任。『家庭菜園大百科』『はじめての野菜づくり12か月』(家の光協会)など、著書多数。

板木利隆の他の書籍

もっと からだにおいしい野菜の便利帳

1540(税込)