本を読むのが大好きになる

ことばのふしぎ なぜ?どうして?1・2年生

価格
935(税込)
著者名
村山哲哉(監修)
ページ数
192
ISBN
978-4-471-10322-4

言葉にまつわる55のふしぎを、たっぷりの絵で読む

「言葉をさいしょに話した人はだれ?」「だじゃれって、どうしたら思いつくの?」「『心太』って、何て読むの?」など、言葉についての気になる疑問を集めた一冊。また「すきな本って、どうやったら見つけられるの?」というように、字の本を読み始めた子どもの気もちによりそうふしぎも。「じしょの引き方」「読書かんそう文の書き方」「作文用紙の使い方」なども含めた目にうつるさまざまなふしぎの答えを、楽しい絵と文章が教えてくれる一冊です。

子どもの「もっと知りたい!」に絵で答える

簡単なようで、意外と答えにこまるのが子どもの質問。本書は簡潔な説明とわかりやすいイラストで、子どもの疑問に答えます。

名前、漢字、外国語など、幅広い言葉の疑問を紹介

「どうして『うさぎ』は『うさぎ』っていうの?」、「『心太』って、何て読むの?」、「『愛』を英語で『ラブ』っていうのは、なぜ?」など、1・2年生が読んで、参加しておもしろいふしぎを紹介しています。

ひと味ちがう、「ことば」にまつわる自由研究のヒント

夏休みの自由研究のヒントを3つ掲載。科学とはちょっと違ったアプローチで、楽しめる自由研究を提案します。

目次

●言葉のふしぎ
 ・言葉って、何?
 ・じゃあ、言葉をさいしょに話した人はだれ? など
●名前のふしぎ
 ・「おもちゃのまち」っていう地名があるって、本当?
 ・どうして「うさぎ」は「うさぎ」っていうの? など
●漢字のふしぎ
 ・漢字って、いくつあるの?
 ・なんで、わざわざ漢字をつかわないといけないの? など
●外国語のふしぎ
 ・これって、何語?
 ・「カステラ」って言っても、外国ではつたわらないって本当? など
●文章のふしぎ
 ・すきな本って、どうやったら見つけられるの?
 ・「。」「、」って、どうやってつかったらいいの? など

著者紹介

村山哲哉 (監修)

文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官。1990年4月から都内公立小学校教諭、副校長として多くの児童たちとふれあう。東久留米市教育委員会指導主事、墨田区教育委員会統括指導主事を経て、2009年4月から現職。
著書・監修書『たのしい!かがくのふしぎ なぜ?どうして?1年生』『こころのふしぎ なぜ?どうして?』(高橋書店)をはじめ、同シリーズの多くを監修
『子どもと楽しむ理科実験小学校3年生向け』『(同)4年生』『(同)5年生』『同6年生』(ぎょうせい)『「見えないきまりや法則」を「見える化」する理科授業』(明治図書出版社)『観点別評価の技法と判定基準・小学校理科』(図書文化)ほか多数

村山哲哉の他の書籍

ことばのふしぎ なぜ?どうして?1・2年生

935(税込)