御社の面接がダメな理由、教えます。

「使える人材」を見抜く 採用面接

価格
1430(税込)
著者名
細井智彦(著者)
ページ数
192
ISBN
978-4-471-21267-4

採るべき人材は語れても、どう確保するかは語れない

企業の人事の現場では「どういう人材を採用すべきか」「採用した人材をどう育成するか」という採用戦略や人材活用については、盛んに議論され研究もされています。にもかかわらず、その肝心な人材を「どう見極め、確保するか」は置いてきぼりで、面接だけが原始的なやり方のまま放置されているのです。そして面接を「書類だけではわからない情報を得るため」と本気で考えている面接官が多いのです。(はじめにより)

御社の面接がダメな理由

「なんとなく転職理由や志望動機を尋ねている」「印象ばかりで判断し、面接上手ばかり採ってしまう」「ストレスに耐えられる人を求めてしまう」「コミュニケーション能力のある人を欲しがっている」「『マッチング』にこだわりすぎている」・・・優秀な人材をみすみす逃さないためにはどうすればいいのか、解説します。

応募者を見抜く、具体的な質問法 NG例 OK例

「応募書類ではどこを見ておく?」「自己紹介では何を見る?」「実行力を見抜く質問は?」「実行力・チャレンジ精神・本気度を見極めるには?」・・・理論や理屈だけでなく、具体的な質問方法を交えながら解説。これで、面接が一変するはず

なかなか聞けない質問にお答えします

「自社のウイークポイントをつっこまれたときの切り返し方は?」「自社とライバル社で入社を悩んでいる人の『自社の志望順位』を上げるには?」「絶対に聞いておくべき質問は?」「聞いてはいけない『タブー質問』は?」「面接の途中でも不採用が決定的なとき、どうする?」など、面接官の悩みに答えるQ&A

目次

●Part1 優秀な人材を見逃している企業多数! 御社の面接がダメな理由
●Part2 「採用が成功する」面接の極意
●Part3 誰でもすぐに「面接力」が上がる方法
●Part4 「質問力」と「見抜く力」を3倍にする実践例
●Part5 面接の「悩み別」解決法
●Part6 直前チェック:面接官が注意すべきこと

著者紹介

細井智彦

1960年京都府生まれ。同志社大学文学部心理学科卒。株式会社リクルートキャリア転職力向上プランニングコンサルタント。10,000名を超す応募書類に触れ添削してきた実績をもち、「面接力向上セミナー」等各種セミナーを独自に開発、運営。セミナー受講者はのべ10万人超。6000人の転職希望者を内定に導いた実績から「日本一面接を成功させる男」と呼ばれる。企業(面接担当者)向けのセミナーも実施し、大手からベンチャー企業まで100社以上を担当。
著書『転職面接必勝法』『転職面接必勝表 実践編』(講談社)『10万人が受講した究極メソッド 転職面接突破法』(高橋書店)など

細井智彦の他の書籍

「使える人材」を見抜く 採用面接

1430(税込)