中国家庭料理をもっと楽しむための一冊!

ウー・ウェンの中国調味料&スパイスのおいしい使い方

価格
1650(税込)
著者名
ウー・ウェン(著者)
ページ数
128
ISBN
978-4-471-40043-9

おなじみの中国調味料&スパイスを自由自在に使いこなせるようになる!

豆板醤(トウバンジャン)、オイスターソース、花椒(ホワジャオ)、八角などの中国調味料やスパイスは、慣れないとなかなか料理の幅が広がらないもの。ちょっと使って冷蔵庫の奥にしまいっぱなし…というケースもあるのではないでしょうか。本書ではそのままタレやソースに使うのはもちろん、「こんな使い方もできるんだ!」と目からウロコの料理法をご紹介します。これで中国家庭料理のレパートリーが広がること、間違いなしです。

ひとつの調味料&スパイスで、何パターンもの調理法が。

特徴を上手く生かした使い方で、料理の風味がぐんと増します。それぞれのパートで特徴、使い方を解説していますので、応用力がつきます。

おなじみの料理もさらにおいしく!

棒々鶏や麻婆豆腐などのおなじみの料理も、一から自分で作ると市販品のソースにはない味わいに。ぜひ挑戦してください。

煮ものや蒸し料理にも積極的に使いたい。

「煮物や蒸し料理って、難しそう…」。いいえ、そんなことはありません。作り方はとってもシンプル。しかもしっかりとコクや旨みが材料にしみこみますので、グッとおいしくなる上に、ヘルシー。本書では、敷居が高く思われがちな煮物や蒸し料理も、シンプルな調理法で紹介しています。

目次

●甜麺醤(テンメンジャン)
●豆板醤(トウバンジャン)
●腐乳(フールウ)
●豆?(トウチ)
●オイスターソース
●花椒(ホワジャオ)
●八角
●クミン
●五香粉(ウーシャンフェン)
●陳皮(ちんぴ)

著者紹介

ウー・ウェン (著者)

ウー・ウェン
中国・北京生まれ。1990 年に来日。
料理家、ウー・ウェン クッキングサロン主宰。
医食同源が根づいた中国の家庭料理とともに中国の暮らしや文化を伝えている。
主な著書『ウー・ウェンの100gで作る北京小麦粉料理』 『ウー・ウェンさんちの定番献立』(いずれも高橋書店)、
『シンプルな一皿を究める 丁寧はかんたん』(講談社)、『料理の意味とその手立て』(タブレ)、
『本当に大事なことはほんの少し』(大和書房)、『ウー・ウェンさんちの汁ものとおかず』(光文社)など。

ウー・ウェンの他の書籍

ウー・ウェンの中国調味料&スパイスのおいしい使い方

1650(税込)