〝かんたん〟こそ、おいしさの秘訣!!

大原千鶴のまいにちのごはん

価格
1650(税込)
著者名
大原 千鶴(著者)
ページ数
128
判型
B5変
ISBN
978-4-471-40874-9
ためし読み

すぐにつくれて、必ずおいしい!

帰宅が遅いとき、さっと一人で食べたいとき、軽く済ませたいとき・・・・・・
どんなときでも、からだとこころをほっとさせてくれるのが家庭料理。
大原家の食卓から生まれた、シンプルで飾り気のない、リアルレシピ114品をご紹介します。
調理がかんたんでも、ポイントを押さえれば手をかけて作ったようなおいしさに。

すぐに作れる!

材料も手順もムダがなく、かんたん時短で作っても必ずおいしい。それが、大原流の〝おいしいしくみ〟。料理にあまり時間をかけられない、サッと作っておいしく食べたい、すべての方におすすめです。

作り方がひと目で分かる!

すべての料理が2〜3STEPで完成するものばかり。本を見て一度作れば、二度めからは暗記できるほどかんたんです。

アレンジ自由自在♪

大原先生の暮らしから生まれたリアルレシピ114品。味つけも素材もアレンジ自在。一人でさっと、家族で食べたい、少しだけたべたいetc。お腹の具合やシーンに合わせて、量も食べ方も工夫できます。

目次

第1章 ひと鍋で早煮
◎だしで煮る/じゃがいもと鶏肉のスープ煮 青豆とお揚げさんのさっと煮
◎炒めてだしで煮る/かぶと豚肉のさっと煮、冬瓜と鶏だんごのさっと煮
◎炒めて甘辛く煮る/じゃがいもと牛肉の甘辛煮 ねぎと厚揚げの甘辛煮
◎水で煮る/たけのこの直かつお煮 大豆と切り昆布煮
◎重ねて煮る/鶏肉、トマト、かぼちゃの重ね煮 ブロッコリーと鮭の重ね煮など
第2章 フライパンひとつで メインと焼き野菜
◎肉・魚はパターンを知って焼き上手/鶏肉の照り焼き 焼き野菜と 豚肉のステーキ ポン酢風味 鮭の幽庵焼き さばのしょうゆ焼きなど
第3章 ささっと軽いおかず
◎切ってつける、混ぜるだけ/トマトしょうがじょうゆ きゅうり山椒みそ じゃこ豆腐
◎フライパンで蒸しサラダ/巣ごもりキャベツソース味 豚ポンもやし
◎さっと炒めおかず/にら豆腐のXO醤炒め
◎焼いて料理屋風おかず/焼きなす 焼きアボカドなど
第4章 かけるだけサラダ かんたんあえもの
◎家にある調味料をかけるだけサラダ 
◎玉ねぎドレッシングをかけるだけサラダ
◎あえもの 二杯酢 三杯酢 酢みそ 甘じょうゆ など
第5章 飲んで安心。ほっとするおかず汁もの
◎おすましはかんたん/豚肉、大根、わかめのおすまし 焼き麩と鶏肉のおすまし 
◎だしいらず汁/削り節と干しのおつゆ かぼちゃと白みそのおつゆ
◎あると助かるおかずみそ汁/キャベツ、ベーコン、ミニトマトのみそ汁 厚揚げ、なめこ、青ねぎのみそ汁など
第6章 これだけで満足。お昼や軽い晩ごはんに のせるだけご版
第7章 時間がおいしくするちょっといいもの 
コラム 20分でごはんに欠かせないもの
カット野菜 水つけ野菜、ゆで野菜 ストック水だし ストック洗い米など

著者紹介

大原 千鶴 (著者)

料理研究家。奥京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女。花背の厳しくも豊かな自然の中で育ち、
小学生の頃から旅館のまかないを担当して料理の腕と五感を磨く。
素材も時間も無駄にせず、季節感を大切にしたシンプルなレシピは、老若男女から広く支持されている。
『まいにち おべんとう』『大原千鶴の和食』『大原千鶴のまいにちのごはん』『大原千鶴のすぐごはん』(いずれも高橋書店)
『忙しいひとでもすぐに作れる 冷めてもおいしい和のおかず』(家の光協会)
『旨し、うるわし、京都ぐらし』(世界文化社)『大原千鶴の絶品手づくりだれ料理帖』(NHK出版)など著書多数。
二男一女の子育てのかたわら、料理研究家として雑誌やテレビなどのメディア出演や講演で多忙な日々を過ごしている。

大原 千鶴の他の書籍

編集部よりひとこと

編集者の想い

〝今日は料理したくないなあ〟ひとりでも家族がいても、誰にでもそんな日があるはず。
そんな時、この本をめくってみてください。あれこれ難しいことは考えず、鍋に具と調味料を入れて煮はじめる。鍋から湯気が上がって、よい香りがしてくるころには、もう出来上がり。
冷蔵庫にあるもので、すぐにできるのに、確実においしい。
何より、家庭料理は、こころもからだも、ほっとします。

大原先生のまいにちの暮らしから生まれた、シンプルで飾り気のない、本音の料理。おいしさも作りやすさも、大原先生が暮らしの中で実証済みですから、こんなに心強いことはありません。
まいにちのことだからこそ、がんばりすぎず、ポイントを押さえておいしいひと品を!

大原千鶴のまいにちのごはん

1650(税込)