素材のつくりおきで、絶品おかずをスピーディーに!

大原千鶴のささっとレシピ 素材のつくりおきで、絶品おかず

価格
1650(税込)
著者名
大原 千鶴(著者)
ページ数
128
判型
B5変形
ISBN
978-4-471-40878-7
ためし読み

野菜の切りおき冷蔵、肉・魚の味つけ冷凍など、素材のつくりおきで、絶品おかずをスピーディーに!

「素材のつくりおき」は、料理にすぐ使える状態で保存した素材のこと。
 1 野菜や肉・魚を、2 新鮮なうちに、 3 料理の合間や空き時間を使って、 4 さっと下ごしらえして、冷蔵・冷凍保存
変化する日常の中で、著者自身が試みたくふうと知恵を、「素材のつくりおき」として読者の方のお役に立つようまとめました。
野菜を切っておく、軽くゆでておく、水につけておく、肉・魚を薄く味つけしておく。たったそれだけ。
ピーマンが1袋あったら? 冷蔵庫でねむらせずに、ささっと細切りにして冷蔵(もしくは冷凍)保存。
ピーマンストックがあれば、今夜のおかずに常備菜、おつまみもささっと完成。くふう次第でメニューはどんどん広がります。
手早く、手軽に、おいしいのはもちろん、からだにも、環境にもやさしい。
素材にとことん向き合った、サスティナブルな食のあり方、大原流です。

食べる人も作る人も毎日をラクにおいしく幸せに

昨年から、わたしたちのくらしは大きく変わりました。食べ方もその一つ。野菜の買い置き、まとめづくりの機会は増え、素材をどうやって無駄なくおいしく使おうか考える機会が増えました。素材ととことん向き合った著者が提案する、素材の仕込みと保存。毎日が少しラクになる、体にも環境にもやさしい新しい食べ方です。

おいしさキープ、料理が楽しくなる「素材のつくりおき」

ピーマン、大根、キャベツ、なす、ほうれんそうなど、よく使う野菜全11種のストック法とストックで作れるおかずを紹介。肉や魚は、漬けておいしいものだけを下味をつけてストック。しょうがじょうゆ味、酒塩味、焼き肉味など6つの味つけで紹介します。ご飯ものやパン、スープのストックも。

味つけの法則「1+1」で、どんな食材でもおいしく!

だし煮風味のおかずなら、だし汁「1カップ」に対して、うす口しょう油「大さじ1」で味つけを。これが1+1の法則。あとは、2種類の食材をさっと煮るだけ。材料が変わっても、この法則を守ればどんな食材でもおいしなります。オリーブしょう油味、甘辛味など5つの味つけを紹介します。

目次

はじめに

作りおき料理より気楽。 ついでに切ってカット野菜に!
「野菜の切りおきストック」
■ 大根の細切り ■ 白菜の細切り ■ なすのレンジ蒸し ■ ピーマンの細切り 
■ かぼちゃ/レンジ蒸し ■ もやしのレンジ蒸し ■ ゆでほうれん草 ■ ごぼうの薄切り 
■ 玉ねぎのくし形切り ■ アボカドの角切り 
➡野菜の切りおきで作る料理、計38品を紹介

ラクラクかんたん! 味つけに失敗なし。どんな食材でもおいしくできる
「味つけは1+1で」 
■ だし煮味 ■ オリーブしょうゆ味 ■ オイスターごま味 ■ 甘辛味 ■ 照り焼き味
➡1+1の味つけで作る、計18品を紹介

漬けておいしいものだけを。肉はやわらか、魚はふっくら。
「肉・魚の下味ストック」 
■ しょうがじょうゆ味 ■ 酒塩味 ■ 焼き肉味 
■ みそ漬け味 ■ 塩麹味 ■ クミンじょうゆ味 
➡下味をつけた肉・魚で作る、計19品を紹介


朝・昼ごはんに、軽食・夜食に大活躍! 
すぐ食べたい! に、待たせずできる
「ご飯もの・パン・スープストック 」 
■ 親子丼ストック ■ 豚丼ストック ■ パンストック ■ スープストック 
➡ストックで作る、計14品を紹介

著者紹介

大原 千鶴 (著者)

料理研究家。奥京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女。花背の厳しくも豊かな自然の中で育ち、
小学生の頃から旅館のまかないを担当して料理の腕と五感を磨く。
素材も時間も無駄にせず、季節感を大切にしたシンプルなレシピは、老若男女から広く支持されている。
『まいにち おべんとう』『大原千鶴の和食』『大原千鶴のまいにちのごはん』『大原千鶴のすぐごはん』(いずれも高橋書店)
『忙しいひとでもすぐに作れる 冷めてもおいしい和のおかず』(家の光協会)
『旨し、うるわし、京都ぐらし』(世界文化社)『大原千鶴の絶品手づくりだれ料理帖』(NHK出版)など著書多数。
二男一女の子育てのかたわら、料理研究家として雑誌やテレビなどのメディア出演や講演で多忙な日々を過ごしている。

大原 千鶴の他の書籍

編集部よりひとこと

ついつい買いすぎてしまう、旬の野菜、特売の肉や魚。そんなときこそ、素材のつくりおきの出番です。新鮮なうちに、切ったり茹でたり浸けたり。朝の忙しい時間も、疲れて帰った日も、おべんとう作りも、どれだけ助けられたことでしょう。料理をゼロからはじめなくてよいから何より気楽ですし、冷蔵庫に「アレ」がある安心感。おいしく食べられることも、すぐに作れることももちろん嬉しいのですが、生活の変化の中でこんなふうに食べ物と向き合う時間ができたのは何よりの収穫です。

大原千鶴のささっとレシピ 素材のつくりおきで、絶品おかず

1650(税込)