ウー・ウェンの北京小麦粉料理

価格
1760(税込)
著者名
ウー・ウェン(著)
ページ数
160
ISBN
978-4-471-40006-4

作ってみたかった、本場の小麦粉料理をわが家で

首都北京をはじめ、中国北部の主食は小麦粉。日本人が毎日米をとぐのと同様、北京の家庭では毎日、小麦粉をこねて食事を作ります。そんな日常的な家庭料理なので、実はどれも簡単。シュウマイや春巻きなど日本人にも親しみやすく、作ってみたいものばかり。自分の手で粉をこね、のばし、切り、自分の手で作ったソースをあえて食べる体験は、きっと本場北京の風土を感じさせてくれることでしょう。小麦粉料理には、粉に水をなじませていく、こねて生地を作る、成形するなどいくつかの必要な過程があります。実際に作ることに重点をおいて、それらの一つ一つをプロセス写真で解説。必ず作れる実用テキストです。

えっ、こんな本格料理も作れるの!?

おなじみのギョーザ、シュウマイ、春巻き、小龍包などはもちろん、パイゴー麺、ジャージャー麺などの麺類、ワンタンなどを使ったスープ類、ターピンやローピンといった平たいパン、本場ものさながらの花巻きやお饅頭だって家庭で作れるんです! 家族と、友達と一緒に楽しんでください。

プロセス写真で過程がわかりやすい!

はじめから終わりまで、プロセス写真で徹底的に解説しているので、手順とポイントが一目瞭然。

目次

●水、ぬるま湯、熱湯でこねる生地
 ・水でこねる生地 -ギョーザ/パイゴー麺/ジャージャン麺 など
 ・ぬるま湯でこねる生地 -ターピン/ツォンホアピン/ローピン など
 ・熱湯でこねる生地 -チュンピン/シューマイ/蒸しギョーザ など
●発酵生地
 ・花巻き、インスーチェン、パオズ など
●水と油でこねる生地
 ・ローボスーピン
●北京小麦粉料理 基本のテクニック
 ・生地をつくる/生地をこねる/麺棒で生地をのばす/ねじって層をつくる/ワンタンの餡を包む/ギョーザの包み方

著者紹介

ウー・ウェン (著)

中国・北京に生まれ育つ。1990年に来日し、アートディレクターの日本人の夫との間に長女・長男をもうける。家族のために愛情込めて作っていた家庭料理が評判を呼び、料理研究家の道を歩み始める。東京と北京でクッキングサロンを主宰。料理のみならず、中国の文化や暮らしの知恵を幅広く紹介。日中交流の架け橋となるべく、日々奔走中。『ウー・ウェンの北京小麦粉料理』『ウー・ウェンの太白&太香ごま油でもっとおいしく』(高橋書店)、『ウー・ウェンの野菜料理は切り方で決まり!』(文化出版局)、『ウー・ウェン流おかず 2品のお弁当』(講談社)など著書多数。少ない品数の材料、少ない調味料、少ない道具で作るシンプルでおいしい家庭料理が得意。「人の健康と幸せは、家庭料理の力が作る」、そう信じている。

ウー・ウェンの他の書籍

ウー・ウェンの北京小麦粉料理

1760(税込)