実は簡単、手間も時間もかからない。おいしい定番和食が1冊に!

大原千鶴の和食 からだにやさしい日本のごはん

価格
1760(税込)
著者名
大原 千鶴(著者)
ページ数
176
判型
B5変型
ISBN
978-4-471-40872-5
ためし読み

実は簡単、手間も時間もかからない。おいしい定番和食が1冊に!

大原千鶴さんによる、かんたん・おいしい・役に立つ、現代の和食バイブル。一冊まるごと、からだにやさしく、身近な食材で作れる料理ばかり。旬の食材をつかうことは、実は家計にもやさしいのです。ふだんのおかずから、季節の行事食までカバーできるラインナップ。和食って、実はこんなにかんたんだったんだ、と実感できる内容です。

日本人なら知っておきたい食文化も紹介

日本の豊かな四季とともにある行事食や祝い食もやさしく紹介。お箸の持ち方や、食卓のととのえ方、といった毎日の基本的な食習慣にもふれています。

ビギナーさんも安心、ベテランさんはレベルアップ!

おいしさに影響がない手順や材料は無理なく省く。料理(とくに和食は)は引き算が大切、と考え、少ない材料・少ない(種類の)調味料、シンプルなプロセスで完成。おいしさと、つくりやすさを両立しているから、ビギナーさんでも失敗知らず。ベテランさんもまいにちの料理をレベルアップできます。

ラクに続けられる和食

煮るだけ、焼くだけ、自家製無洗米や野菜の塩もみ、日々の助けになる料理、工夫がたくさん。和食って、実はこんなに簡単だったんだ、これでいいんだ、という安心感・実感が得られます。

目次

●大原流和食を作るコツ
●まずは、野菜を「切る」/魚を「切る」
●「焼く」だけでごちそう
 鶏の塩焼き、照り焼き4種、豚肉の生姜焼き、ぶりのフライパン焼き、鮭の幽庵焼き、さわらの西京焼き、焼き肉、すき焼き、鶏つくね、ハンバーグ、野菜のステーキ、焼きなす・焼きしいたけ、甘い卵焼き、他。
●「煮る」とほっとする味
 だしで煮る・だしいらずで煮る/肉じゃが、さばのみそ煮、鯛の煮つけ、ぶり大根、筑前煮、なす丸煮、なすのごまみそ煮、かぼちゃの煮物、冬瓜の煮物、トマトの炊いたん、薄切り大根と豚肉の煮物、他。
●「あえる」と野菜に味がなじむ
 ブロッコリーのだしあえ、いんげんのごまあえ、ほうれん草のごまあえ、小松菜の辛子和え、きのこのあえもの、きゅうりと油揚げのごま酢あえ 他。
●「揚げる」熱々という贅沢
 粉をつけて揚げる・素揚げする/野菜のてんぷら、鶏のから揚げ、油淋鶏、豚天、とんカツ、えびフライ、あじの南蛮漬け。
●じつは一番のごちそう「ご飯」
 ご飯の炊き方/豆ご飯、さつまいもご飯、鶏五目ご飯、他。
●飲めば、ほっとする「汁物」
 味噌汁、豚汁、鯛の潮汁、粕汁、他。
●家族で楽しむ「行事食」
 おせち、ひな祭り、お花見弁当、七夕そうめん、お彼岸のおはぎ、いなりずしと巻きずし、他。
*コラム
 らっきょう・梅干しの漬け方/食材の切り方一覧/包丁のお手入れ、研ぎ方/季節のあしらい(香り、薬味)/お箸の持ち方・食器の置き方

著者紹介

大原 千鶴 (著者)

料理研究家。奥京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女。花背の厳しくも豊かな自然の中で育ち、
小学生の頃から旅館のまかないを担当して料理の腕と五感を磨く。
素材も時間も無駄にせず、季節感を大切にしたシンプルなレシピは、老若男女から広く支持されている。
『まいにち おべんとう』『大原千鶴の和食』『大原千鶴のまいにちのごはん』『大原千鶴のすぐごはん』(いずれも高橋書店)
『忙しいひとでもすぐに作れる 冷めてもおいしい和のおかず』(家の光協会)
『旨し、うるわし、京都ぐらし』(世界文化社)『大原千鶴の絶品手づくりだれ料理帖』(NHK出版)など著書多数。
二男一女の子育てのかたわら、料理研究家として雑誌やテレビなどのメディア出演や講演で多忙な日々を過ごしている。

大原 千鶴の他の書籍

大原千鶴の和食 からだにやさしい日本のごはん

1760(税込)