ごちそうでなくていい、今あるもので温かなひと皿を

大原千鶴の すぐごはん冷蔵庫にあるもので

価格
1650(税込)
著者名
大原 千鶴(著者)
ページ数
128
判型
B5変
ISBN
978-4-471-40876-3
ためし読み

まいにちのことだから、今あるもので気軽にささっと

今ある素材を、おいしく、上手に使いきる。
ひと皿が、メインに、おべんとうに、おつまみにも、早変わり。
おいしさも、食べ方もいろいろ、あなた次第。
それぞれの暮らしに寄り添う、大原千鶴流〝これからの食べ方〟をたっぷりと。
工夫と知恵と愛情でおいしくなる、すぐごはん。

思い立ったら、すぐ作れる!

冷蔵庫にある材料で、すぐに取りかかれるものばかり。今ある素材をおいしく使い切ることは、食品ロスを減らす現代版始末の知恵でもあります。切るだけ和えるだけ、レンチン、少し残った素材や調味料も大活躍。思いがけず生まれた、おいしい組み合わせ、意外な味。テクニックよりも、楽しんでやってみるのが一番のコツです。

食べ方いろいろ、あなた次第で広がるアレンジ

家族で暮らしていても、変化しつつある食事のスタイル。主食とおかずを兼ねたひと皿ごはん、少量づくり、気軽なつくりおき、軽く一杯にササッとできるおつまみ、遅めの時間でも安心の軽食等々。それぞれに寄り添う食べ方でどうぞ。材料表通りの素材でなくても必ずおいしく作れるアイデアもたっぷりと紹介しています。

毎日のことだからこそ、ごちそうでなくていい

頑張って作ったごちそうも時にはいいけれど、あり合わせでパパッと作ったひと品に心からほっとすることがあるはず。あたまを柔らかくして、工夫を楽しんで。うまくいったとき、その喜びが料理の自信になります。

目次

〜本書の構成〜
はじめに
1 卵・豆腐・油揚げ
2 野菜・果物
3 冷凍のもんの肉・魚 
4 ちょい残りでステキな一品に 
5 お昼やしめに こっそり低糖質
6 冷蔵庫に残っている 瓶詰めで
7 半端食材が生き返る 蘇るつまみ系

著者紹介

大原 千鶴 (著者)

料理研究家。奥京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女。花背の厳しくも豊かな自然の中で育ち、
小学生の頃から旅館のまかないを担当して料理の腕と五感を磨く。
素材も時間も無駄にせず、季節感を大切にしたシンプルなレシピは、老若男女から広く支持されている。
『まいにち おべんとう』『大原千鶴の和食』『大原千鶴のまいにちのごはん』『大原千鶴のすぐごはん』(いずれも高橋書店)
『忙しいひとでもすぐに作れる 冷めてもおいしい和のおかず』(家の光協会)
『旨し、うるわし、京都ぐらし』(世界文化社)『大原千鶴の絶品手づくりだれ料理帖』(NHK出版)など著書多数。
二男一女の子育てのかたわら、料理研究家として雑誌やテレビなどのメディア出演や講演で多忙な日々を過ごしている。

大原 千鶴の他の書籍

編集部よりひとこと

編集者の想い

きちんと料理がしたいけれど、材料がない、時間がない。いつもそんな風に嘆いていませんか。とはいえ、冷蔵庫をのぞいてみたら・・・・・・、パックの卵、買いすぎて冷凍したお肉、少し元気のなくなったにんじんにピーマン等々、おいしくなりそうな素材が結構みつかるもの。大原先生の生まれ育った京都では、食材を無駄にせず、おいしく生かす使いきりを始末と呼び、幼い頃からごく自然にその考えに触れています(p33より)。今あるもので、今日はこれとこれを合わせてみようかな、と気軽に台所に立ってみましょう。家庭の毎日の料理は、ごちそうである必要はありません。ちょっとした工夫には発見があるし、愛情がひと皿をおいしくしてくれます。あっという間にできあがるものばかり。本書をもとに、各ご家庭なりの〝すぐごはん〟レパートリーをどんどん増やして下さい。

大原千鶴の すぐごはん冷蔵庫にあるもので

1650(税込)