どこにいたって家のごはんが食べられる幸せ

まいにち おべんとう

まいにち おべんとう

著者名
大原千鶴(著者)
ぺージ数
160
ISBN
978-4-471-40871-8

価格: 1458 円(税込)

  • amazon.co.jpで買う
  • e-hon で購入

おかあさんの知恵とプロならではの工夫がたくさん詰まった一冊です。

著者の大原さんは、料理研究家としての仕事のかたわら、三人の子どものおべんとうを毎日作り続けてきました。時間も素材も無駄にしない、世代を問わず口に合う、失敗しらずの合理的で作りやすいレシピを紹介します。もちろんおいしさも保証付きです。

おべんとうを段取りよく作るコツがわかる

時間がない朝だからこそ、効率よく作りたい!そんな人にぴったりの時短ワザをご紹介。「合間作り」と「作りおきおかず」などの常備菜も75品掲載しているので、日々の晩御飯などにも活用していただけます。

メインのおかずは朝御飯、晩御飯にも使えるメニューです

しっかりとしたレシピだから、いつでも使えるものばかり。晩御飯にたっぷり作って、翌日おべんとうに、というように毎食に活用できます。

「前日にここまで!」がわかる

前日にどこまで仕上げればいいかがわかるから、朝が格段にラクになる!

目次

●はじめに
●大原流おいしいお弁当作りのコツ
●1章 冷めてもしっとり脂っこくない 肉のおかず弁当
●2章 香ばしくてうまみたっぷり 魚介のおかず弁当
●3章 野菜の香りと風味を生かすうす味で健康的に 野菜のおかず弁当
●4章 手早く食べられ、具とバランスがいい ご飯が主役の弁当
●5章 季節のお弁当

著者紹介

大原千鶴 (著者)

料理研究家。奥京都・花背の料理旅館「美山荘」の次女。花背の厳しくも豊かな自然の中で育ち、小学生の頃から旅館のまかないを担当して料理の腕と五感を磨く。「料理は段取りと素材がすべて」と本人が語るように、素材も時間も無駄にせず、季節感を大切にしたシンプルなレシピは、老若男女から広く支持されている。『まいにち おべんとう』(高橋書店)、『忙しいひとでもすぐに作れる 冷めてもおいしい和のおかず』『忙しいひとでもすぐに作れる いつもの材料でおいしい和えもの』(いずれも家の光協会)『大原千鶴の酒肴になる「おとな鍋」』(世界文化社)など著書多数。二男一女の子育てのかたわら、料理研究家として雑誌やテレビなどのメディア出演や講演で多忙な日々を過ごしている。

大原千鶴の他の作品